「あたりまえ」「普通のこと」の基準値が高い人

「それって普通(あたりまえ)じゃん!」という基準は、当然ながら人によってかなり違います。


その「それって普通じゃん」のレベルを合わせることが組織運営、対外交渉、家庭内のこどもの教育などにも重要で、かつ難しいことだと感じます。


ビジネスマンとして、親として、様々な方々とお付き合いさせていただくことが多いですが、

この基準値が高い方は、一見すると厳しくもあり、そこまでやるか?と思うようなこともありますが、それが当人にとってはあたりまえなので、結果的に出てくるアウトプットもレベルが高くなります。


こうした方は、子どもへの接し方を見ていてもそれがよくわかり、子どもは親の鏡であり、基準や価値観は再生産される、ということをちゃんと理解されて接しているのだな、と改めて私自身に対しても戒めになります。


話を戻しますが、

ビジネスにおいて、こうした「あたりまえの基準」が高い人と一緒にいると、現在の自身の基準が低かったとしても、徐々に上がっていくことが期待されます。

(もちろん、最初はついていくのもやっとで、結構タフですが)


特に伸びしろの大きい、若いビジネスマン時代にとってはこの役割はとても重要です。

私は幸いにもサイバーエージェント時代にこのような先輩・同僚・上司を沢山見て、ご指導をいただきました。


組織運営について考えると、この「あたりまえの基準」を設定できるのはリーダー陣となります。

「組織のサイズは、リーダーの器以上にならない」ということもこれに当てはまることでしょう。


もちろん、マネジメントする役割としては、理想の基準と、現実の基準(目標ライン)をすり合わせながら成果を出していくことが求められるわけですが、少なくともリーダー自身がこの「あたりまえの基準」を下げることのないようにしたいものだと、自戒を込めてブログに書いておきます。


私たちは北陸で販促やマーケティングを担当されている皆様の「わからない!」を一緒に解決していきます。

「今のやり方は正しいのかな?」「経営陣がwebの重要性をわかってくれない」「もっと広告効果を上げたい!」

などなど。

ホームページの改善から、インターネット広告、既存の広告手法の見直し、SNS運用サポートまで何でもご相談ください。


社内でも頑張っているのになかなかその苦労が報われにくい、ご担当者様の"頼れる右腕”となることをお約束します。

北陸ではたらく、Iターン社長のブログ

株式会社プロジェクトタネの代表、高平聡のブログです。プロジェクトタネは金沢・富山井の北陸三県の中小企業向け&スマートフォンに特化したマーケティング会社で、戦略立案、ホームページ制作、インターネット広告の運用などを行います。東京から富山へIターンした社長の経営日誌です。

採用情報:「一緒に北陸のwebマーケティングを盛り上げませんか?」

自己の成長と事業の成長を通じて、私たちの大好きなこの北陸の地をもっともっと魅力的にしていきましょう!